2,000本安打カウントページ
田中幸雄2,000本安打カウントダウンブログ
二千本安打名球会入りへ向けてヒット量産中 1,000打点や2,100試合出場ももうすぐです。

2007年05月17日

2000本安打達成記者会見

ファンの皆様に非常に大きな声援を頂いて
気持ちよく綺麗なヒットを打って2000本安打を飾る事ができました。
本当に幸せだなあと心から思っています。
本当にありがとうございました。

今は非常に落ち着いていますが、打った瞬間からこみ上げるものが
あって、押さえるのに必死でした。

0705172309334.jpg
posted by カウント男 at 23:14| インタビューなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月16日

ニュースステーション「2000本安打まであと2本」

田中幸雄のデビューは派手なものだった。
プロ初安打がホームランという18歳ルーキーがいる。
0705170104417.jpg

我慢して我慢して使ってもらった
エラーばっかりして、守備が下手で暴投はするわ
エラーはするわで、我慢して使って頂いて
本当にここまで来ていると思うんですよね
0705170104448.jpg

そんな若手が一気にブレイクしたのが三年目
20歳の時、田中幸雄は一気に全国区へ
開幕からめざましい活躍を見せ、ファン投票一位でオールスター初登場

0705170104569.jpg
0705170105120.jpg

まさか3年目にしてオールスターに出られるとは
思っていませんでしたので、非常に嬉しいです。
まさか一位になるとも思ってなかったので
非常に嬉しいです。ありがとうございました。
0705170105151.jpg

130試合フル出場でベストナイン、ゴールデングラブを獲得
堂々とスタープレイヤーの仲間入りを果たした
0705170105384.jpg

昔からそうでしたが、ついつい必死になってしまうというか
自分はそのスタイルでやってきて今がありますから
0705170105455.jpg

そして、その田中幸雄がブレイクした88年生まれのプレイヤー達が
次々にプロ野球の世界へ

昨日はその中の一人、楽天の田中選手から打った本塁打は通算1998本目の
ヒットとなった

0705170106068.jpg

2000本安打まであと2本
0705180049391.jpg


(2000本目は)できれば昨日のような本塁打でしたら最高ですけどね
まあ、なんでもいいです。

0705170106199.jpg

(1999本目に対して)
まあほっとしたというか、あと1本ありますからね
今日中にあと一本打とうと思ってたんですが
残念ながらダメでしたけどね。
あと一本になりましたんでね。ファンのみなさまの期待に応えられるように
早めに、できれば明日ですけどね。打てればいいと思います。
最終的にはヒットでなんでもいいとは思うんですけど
気持ちのいい、辺りのいいヒットが打てれば非常に嬉しいと思います。

0705170106460.jpg

1500本目も1000本目も東京ドームでの達成だった
0705172320358.jpg0705172320501.jpg0705172320306.jpg0705172320337.jpg
posted by カウント男 at 23:46| インタビューなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

2000安打よりも優勝

プロ野球史上35人目の2000安打達成まであと18安打に迫る田中幸。残り11試合となり、今季中の記録達成は難しい状況だが、若手の成長著しいチームの中で、主将として、貴重な右の代打として自身初の優勝に向かって戦っている。

 1967安打からスタートした今季は田中賢、森本ら若手の台頭もあって代打起用が多く、先発は15試合にとどまるなど57試合で85打数15安打、打率1割7分6厘。98試合に出場して46安打を放った昨季の成績(打率2割3分7厘)を下回る。

 2000安打の達成には、残り11試合すべてに先発出場して4打席に立ったとしても、3割5分程度の高打率を残さなければならない計算だ。

 若いチームは1974年に「日本ハム」に変わって以来の年間最多勝記録を更新するなど勢いに乗る。プロ2年目から15年近くもレギュラーでプレーしていただけに、本来は4打席あってこそ力を発揮するタイプの選手だ。だが、「代打でも、何も気持ちは変わらない。今は置かれた状況を楽しむように心がけている」。

 21年目のシーズン、若いチームを下支えする大ベテランの視線は、記録にとらわれることなく優勝の2文字に向かっている。
posted by カウント男 at 21:40| インタビューなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月25日

田中幸雄、38歳新主将の誓い

38歳のチームリーダーが常勝球団への道筋をつくる。今季、日本ハムの新主将を務める田中幸雄内野手(38)が24日、3年目の進化を遂げることを約束した。本拠地開幕戦にかける思いを激白し、今後へ向けて「勝ってファンを喜ばせたい」と誓った。自分自身も未経験の「優勝」の2文字も力強く口にし、21年目になる06年シーズンへの決意表明をした。

 開幕を直前に控えた試合前練習後。田中幸は高ぶる気持ちを抑えるように、静かに、淡々と熱い思いを話しだした。本拠地移転3年目で初めてとなる記念すべき試合。そんな特別な日に、応援してくれるであろうファン1人1人に語りかけているようだった。

 田中幸「初めての札幌ドームでの開幕戦ですから気合の入り方も違う。開幕っていうと東京ドームで試合っていう感じがして、まだ実感はないですが、その日になると気持ちもまた違うはずです。打席に立った時の声援とかすごいですからね。楽しみにしています」

 86年に入団してから日本ハム一筋で、今季でプロ21年目。初めて主将を任されることになった。昨年11月にヒルマン監督から直接、打診を受け快諾した。キャンプから同監督を話し合いの場を持ち意見交換もしながら、姿勢で選手を引っ張ってきた。自覚も強い。

 田中幸「昨年を見てもファンの方が年々、増えている気がする。日によっては入るなとか、感じます。でもやっぱり強くなければいけない。お客さんを大事にしていかないといけない。勝ってファンを喜ばせる。優勝すればもっとファンは増えると思いますから」

 昨季の5位低迷打破、個人的な目標としてはあと33本に迫った2000本安打…。うまくバランスをとりながら両立させていくことも1つの目指すものだ。

 田中幸「投手が良くないと勝てない。打てる時ばかりではないから。少ない点数の試合を、接戦をいかにものにしていくかがカギになる。キャンプ中には監督とも何度か話もしてきた。自分の状態もここ数年にないくらい、いい。この時期はずっと(右)ひじの状態が良くなくて、投げられないし、バットも振れなかったから。ケガさえしなければいいな、と思っている」

 チーム最年長として、また主将として1年間、選手を引っ張っていく。

 田中幸「名前だけの主将ですから…ね。でも1度も今まで日本ハム以外でプレーしようと思ったことはない」

 田中幸はこれまでの野球人生の歩みのように飾らず、おごらず、自分の信じる道を歩んでいく。今日25日の開幕戦から、また1年をしっかりと刻んでいく。

初主将の田中幸雄
posted by カウント男 at 19:09| インタビューなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月06日

2月3日田中幸雄スペシャルインタビュー

●今シーズンの意気込みは?
今年一年間ですね、充実したシーズン。自分なりに充実したシーズンにしたいと思ってますし、いつも言ってますけど、優勝、是非したいなと思ってるんで、それに向かって一生懸命頑張っていこうかなって思ってます。

●新キャプテンとなりましたが
どういう形が非常に一番いいかってのは、分かりませんが、自分なりに色々考えながらどういう事をしようと言うのではなく、その場その場で自分で考えて、その状況に合ったことをやっていこうと考えています。
固くならずに自分のやり方でやっていきたいなと思います

●キャプテンとして、若い選手に声を掛けるなど、そういうことはありますか?
自然に掛けられたら一番いいと思いますし。ただ、掛けにくい人間もいますからね、嫌いとか好きとか別として、そいういう雰囲気を出している人もいますから。
そういうときは極力自分で入り込んで行こうと思ってます。

●オフに視力矯正をしたそうですが
ボールを見ると言うことに関しては、よく見えますよ。治療する前までは多少ぼやけて見えてたので、バッターボックス入って、ピッチャーが離した瞬間から視点が合わない訳なんです。
守備にしてもそうですね。打った瞬間からパっと視点が合って反応して動くわけですから。
なるべくハッキリ早めに分かった方が良いわけですから昨年と今年を比べたらいいですね。
元々視力は悪くなかったんですけど年々視力の低下が年齢と共にあるんではないかと

●今後の調整の進め方は?
開幕に間に合えばいいかなってくらいの気持ちを持ってのんびりやろうかなとって、のんびりやってる場合じゃないだろって思う方もいる人もいますけど。
自分の中では開幕にできあがってればいいかなと思ってますからシーズンが一番ですからねオープン戦で結果を残そうがシーズン一年間できなかったら、意味が無いですから開幕を目標として

●ファンのみなさんへ
個々にファンの方も好きな選手がいるとは思いますけど、まずチームを第一に応援していただいて
その中で個人を応援していただければありがたいですし、自分も是非、ちょっとでもいいですから応援して下さい。
それが自分の力にもなりますんで、よろしくお願いします。頑張りますんで。
インタビューに答える幸雄
posted by カウント男 at 16:33| インタビューなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月26日

【毎日新聞】月曜・夢語り:プロ野球 2000安打に迫った、日本ハム・田中幸雄内野手

◇人との出会いあってこそ
(2000安打まであと33本。これまで33選手しか達成していない大記録)
来年中には打ちたいと思っています。今年打ったのが46安打。今年ぐらい出場できれば、達成できると思います。ただ、昨年のように右ひじ痛でほとんど試合に出られないということもある。だから、まずどれだけ試合に出られるかです。
(プロ生活20年。1年目から1軍で起用され、3年目からレギュラーに定着した。厳しい世界で生き抜いてきた秘けつは)
いつも言っているんですけど、運がよかった。もちろん、それだけではやってこられないのも事実ですが、いろいろな人との出会いがあったからこそだと思う。例えば新人時代の監督だった高田(繁ゼネラルマネジャー)さんが、僕がミスしても我慢して使ってくれました。使ってもらわないと結果は出せませんからね。高田さんが監督でなかったら、今の自分はないと思う。
(謙虚な人柄は若いころから変わらない。今年8月、1000打点を達成したときも「みんなのおかげ」と周囲への感謝をまず口にした)
延長十回2死満塁でサヨナラ打を放っての達成でした。そういう場面を迎えることができたのは、本当にチームメートのおかげなのです。謙虚だといわれても、そもそも自分は、自信過剰になるような育ち方をしてきていない。20年やってきたけれど、一年一年の数字を見ると打率3割を超えたことも、40本以上ホームランを打ったことも、100打点を超えたこともないんですよ。スターなんかじゃありません。

(14日に38歳になった。肉体的なピークはもちろん過ぎている)
例えば視力。昔はピッチャーの手元を離れる瞬間からボールが見え、反応できた。今はかすんでよく見えない。守っていてもそう。アバウトな感覚で処理することになる。それで思い切ってこのオフにレーザー治療をしたら、きれいに見えるようになった。左ひじにも数年違和感があって、バットをきれいに振ることができなかったのに、自分にあった整体治療が見つかって、調子が良くなりました。来年、野球をするのが楽しみです。

◇優勝、一度は経験したい
(来季は本拠地が札幌に移転して3年目)
名前をアナウンスされて、歓声が起きて、打席に向かって歩いていく。鳥肌が立つんですよ。「ああプロ野球選手になってよかったな」と思います。本当に多くのファンが(札幌ドームに)見に来てくれてありがたい。……でも東京ドームができたころのことを思い出すんです。あのころもドーム人気でたくさんお客さんが来てくれたが、だんだん減った。そうならないためにはファンサービスも大事ですが、とにかく勝つことだと思います。
(恩人として今年4月に亡くなった、大社義規元オーナーを挙げる)
先代オーナーは、いつも声をかけてくれた。実家が養豚をやっていて、近所にある日本ハムの子会社に卸していました。そんな関係でうちの家族のことも知っていて、会うたびに「ユキオ、おじいちゃん元気か」って。ありがたかった。

(先代オーナーと一度も優勝の喜びを分かち合えなかったことが心残りと聞きました)
この前、うちが優勝したのは僕が中学生のとき(81年)ですからね。だいぶ遠ざかってしまっている。優勝、一度ぐらい経験してみたいですよね。今年見ていて(31年ぶりに日本一になったロッテの)初芝(清内野手=今季限りで引退)さんが本当にうらやましかった。最後の最後まで出場していましたし、いいなあと思いました。

(野球をテレビなどで見るのは、あまり好きではないと言う)
米大リーグの中継や、他チームの試合とかはあまり見ない。やはり「野球をすること」が何より好きなんですよね。

(かつては遊撃を定位置として長く中軸打線を担ったが、近年は途中出場が多い。外野守備についたこともあった)
チームの勝利のために自分がどう必要か、ということですから監督に行け、と言われたらやるだけ。ただ外野守備を経験したことはよかった。幅が広がったですから。レギュラーですか? この年から結果を出してレギュラーを取り直すのは並大抵じゃない。でもまたとるかもしれませんよ(笑い)。
posted by カウント男 at 23:16| インタビューなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。