2,000本安打カウントページ
田中幸雄2,000本安打カウントダウンブログ
二千本安打名球会入りへ向けてヒット量産中 1,000打点や2,100試合出場ももうすぐです。

2007年05月18日

【手記】生まれ変わったらスーパースターに

2000本を意識し始めたのと同時に苦しみを覚えたのが、03年に残り100を切ったあたり。あと何本が重荷だったわけじゃなく日によって体調が違うことが増えてきた。
7,8年は右肘などの故障で全力プレーができなくなった。その分衰えが早く来たのかなと思うけど、今年はキャンプから体が軽かった。
その日その日が必死で自身が芽生えた瞬間もない。僕は高田さんが我慢して使ってくれたから今がある。あれだけ打てなくてエラーばかりして、普通ならクビになっていたかもしれない。だから今でも動けるときにやっておかないと不安がよぎる。反対にもっとうまくなれると思って前向きにやってきた。
桑田、清原は同い年だけど別格。憧れの存在で、お互い現役でいられるうれしさはここ何年も抱いてきた。清原には2年前、試合で使っていたバットをもらった。シドニー五輪のユニフォームと一緒に家に飾り、見て励みにしてきた。
生まれ変わったらまたプロ野球選手でしょうね、たぶん。野球は見て面白いわけじゃないし、自分がプレーしているのが楽しいもの。今度は3割5分、40本、120打点くらい打ってスーパースターと呼ばれるのもいいかな。
posted by カウント男 at 22:25| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。