2,000本安打カウントページ
田中幸雄2,000本安打カウントダウンブログ
二千本安打名球会入りへ向けてヒット量産中 1,000打点や2,100試合出場ももうすぐです。

2007年05月07日

東知事「日本ハム・田中幸に県民栄誉賞検討」

宮崎県の東国原英夫知事(49)が、宮崎出身で2000本安打の大記録まであと3本に迫っている日本ハム・田中幸雄内野手(39)に県民栄誉賞の授与を検討していることが6日、分かった。「私の気持ちとしては賞を贈りたい。今後の検討事項になる」と前向きな姿勢を見せた。

 この日、東京・新宿の紀伊国屋書店新宿本店で「そのまんま日記」(角川書店・1050円)の出版記念サイン会を行い、約200人のファンが詰め掛ける相変わらずの人気ぶり。郷里の大選手に「私の一存では決められないが、個人的にはお祝いしたい」と語った。

 田中選手は今年で22シーズン目のベテラン。出身校の都城高がある都城市には、知事の母校、都城泉ケ丘高もある“ご近所”。知事のタレント時代から年末のチャリティーゴルフで顔を合わせるなど面識があり、知事就任時にはエールを送った。

 宮崎県の県民栄誉賞は2000年に創設され、第1号は、シドニー五輪柔道男子100キロ級金メダリストの井上康生選手(28)。田中選手が受賞すれば3人目、東国原体制では初の栄誉賞となる。

 ただ知事は、鹿児島出身ながら都城農高卒で名球会入りした元広島の大エース・北別府学氏(49)が栄誉賞を受賞していないことを懸念。田中選手への褒賞は周辺と話し合って決める。それでも「田中選手は長年コツコツとやってきた。あと一息」と大台達成を待ち望んでいる。

higashiodeko.jpg
posted by カウント男 at 21:30| 名球会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。